そこに山があるのに…

最近、また山歩きがしたくなってきました。

もともと、子供の頃、遠足で山登りなどしても大して面白いと感じるようなタイプではありませんでした。大体、生まれも育ちも富士山の麓で、それ以外の山なんかは見ても全然見分けつかないような人間な上、地元民にありがちなパターンですが富士山自体も「あれは登るものではなく見るもの」というような感覚でいたので、山を歩くなんて酔狂な人間のすること程度にしか考えていたものです。
それが10年程前に人に誘われて御嶽山に登った時、意外に楽しかったのと、その少し後に新田次郎の「孤高の人」を読んで感銘を受けたところから山岳小説や山関係のノンフィクションを読み漁るようになったのをきっかけに、山や山歩きへの興味が俄然強まって、休日に日帰りできるところを探して登るようになりました。日帰りでも森林限界超えるようなところなどを歩くと、森林を抜けて低木地帯を抜け、頂上に近くは岩場になったりと景色の変化を楽しめますし、渓谷を歩きなんかをすると観光地とはまた違った迫力のある滝を見ることができたりします。そういうところがあるということを知らなかったということもあって、次第に休日になると、次どこ行こうかと思うほど、歩くのが好きになっていました。

が、数年前に結婚し、子供が生まれてからは休日に妻子置いて行くのも若干気が引けるということもあって、なかなか足が動かず最近はめっきりご無沙汰になっていました。ちなみに最後に行ったのは頂上付近にあるビアガーデンで飲むために高尾山登ったという体たらくです。上の娘が生まれたときに、名前をもらった記念も兼ねて富士山登った時に新調したリュックも、結局ほとんど使われないまま3年以上経過してしまいました。

そんな折、隣の席の人が「孤高の人」などの山岳小説を読みだし、それに触発されて私も昔買った山岳小説やノンフィクションを読み返すようになりました。そして、そんなことをしているうちに、山の澄んだ空気や緑の稜線が恋しくなってきました。ここ最近は、山歩きがしたくてうずうずしています。上の娘も3歳で、それなりに連れて行けるようになったので高尾山ぐらいなら最悪ずっと抱っこでもいけるかなとか、鎖場とか危ない崖がないところならなんとかなるかなとか、いろいろ妄想は尽きないのですが、果たして何時行けるやら・・・。

執筆者: 加藤 寿久
スタッフ紹介は> こちら